東京MXテレビの番組担当者が遺体で発見 景品のランボルギーニも未渡し

エアガン 半グレ芸人X 気になるニュース

速報です。

2019年1~3月にかけて放送されたバラエティー番組「欲望の塊」(東京MXテレビ)。

同番組で行われたゲームの優勝賞品として高級スポーツカーのランボルギーニが設定されていたが、このランボルギーニが優勝者に渡されていないことを21日に東京MXテレビが明らかにし、謝罪した。

この件に関連して1月24日、福岡市西区に停められた車の中で、番組担当者の40代男性が死亡しているのが見つかり、警察は自殺の線で捜査を進めている。

こちらのニュースの内容について詳しくまとめています。

東京MXテレビ「欲望の塊」の番組内容

その番組の内容は、ホストを職業とする男性30人が集められ、優勝賞品として用意された高級スポーツカーとして知られるランボルギーニ(2千万円相当)獲得を目指し、様々なゲームに挑むというものだった。

あまり高尚な番組ではなかった模様。

 

MX番組担当者の遺書

番組担当者の遺体が見つかった車内に「ご迷惑をおかけしました」という内容のメモが見つかっている。

だが詳細な理由は明らかになっていない。

この番組担当者は東京MXテレビの社員ではなく、外部の番組企画会社の社員。

東京MXテレビが明らかにしたトラブルの内容

冒頭でお伝えした通り、賞品が優勝者に渡っていなかったのが問題であるが、他にもこの企画では様々なトラブルが見られた。

トラブルをまとめると以下の通り。

  • 優勝賞品の受け渡しが未完了。
  • 出演タレントへのギャラの未払い
  • 制作会社への制作費の未払い

これらは全て番組企画会社が行うはずのもので、その全てがなされておらず、遂には企画会社に連絡も取れなくなった。

この番組は番組企画会社から東京MXに持ち込まれ、制作が決定した後、全てを取り仕切っていたのは番組企画会社であった。

しかし東京MXテレビにも放送責任があるということで、今回の謝罪に到ったということである。

基本的に低俗な番組を作るからこういう事態になるのではとの辛辣な意見も見受けられた。

番組担当者はなぜ賞品を渡さなかったのか?

結局金を使い込んでしまったか、誰かに騙されたのでしょう。

しかし、たかが2千万円の金で何も死ぬことはないと思います。

僕だったら死にません。

なので他殺の疑いもあるのだと思います。

反社とかが関わっている可能性もあり、なんとも闇が深そうな事件です。

消えたスポーツカー、もしくはそれに匹敵するお金の行方が気になるところです。

ライブドア事件の余波で、沖縄のホテルで死んでいた野口英昭エイチ・エス証券副社長の件と重なるところがあります。

この事件も反社が絡んでいるのではと言われていましたが、真相は闇の中です。

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました