オオカミくんシリーズ

オオカミくんには騙されない(2020年夏)第3話ネタバレ・予想

オオカミくん ネタバレ

ABEMAの大人気恋愛リアリティ番組「オオカミくんには騙されない」シーズン8が2020年8月16日から放送開始となりました。

 

この記事では8月30日放送の第3話のネタバレを詳しく行っています。

 

2話のラストでゆらが太陽ラインを使い、カイトをデートに誘います。

 

カイトが来るとなり色めき立つ女性陣。

 

そしてそれにつられて男性陣もデートへの参加を続々と決める流れに。

 

「オオカミくんシリーズ」の過去作品はABEMAプレミアムにて見放題!

(※1ヶ月の無料期間中に解約しても料金は発生しません。)

見逃した番組や人気作品が見放題【ABEMA】

オオカミくんには騙されない第3話ネタバレ(2020年8月30日放送分)

水族館デートに集まったのは何と7人!

ゆらからカイトへの太陽ラインの結果、デートに集まったのは何と7人!

参加メンバー
  • ゆら
  • マリカ
  • ありさ
  • ひとみ
  • カイト
  • マサ
  • よしき

今回の舞台はサンシャイン水族館。

早速発起人であるゆらがカイトとツーショットで行動し、他のメンバーはマサとマリカがツーショットになり、よしき・ひとみ・ありさはいったん3人で行動することになる。

 

カイトとゆらのツーショット

ゆらはカイトに「太陽ラインで誘ったのはもっとカイトと喋りたかったから」だとストレートに伝える。

カイトは嬉しいと答える。

ゆらは自分の気持ちはバレバレだと思うけど、まずは友達感覚で喋りたいと考えていると伝え、カイトは自分は鈍感だから今日みたいにストレートに誘ってくれた方がありがたいと告げる。

「今日は誘って良かった」と言うゆらにカイトは「誘ってくれてありがとう」と返す。

マサとマリカのツーショット

なぜ今日来たのかと尋ねるマサに「話してみたい人がいるから来た」と答えるマリカ。

 

マサも「気になっている人がいるから来た」と言うが、2人ともそれが誰かは明かさない。

 

ただマリカはマサのことが気になっており、マリカがマサに焦らされていような状況に見える。




よしきとひとみとありさ

3人で水族館を回りながらよしきはありさとひとみになぜ今日は参加したのかと聞く。

 

ありさ「カイト君が誘われてたから行きたいなーって。」

ひとみ「気になってる人が来てたらいいなと思って。」

 

そしてひとみの気になる人が実際に来ていると聞き、ひとみ狙いのよしきはガックリと肩を落とす。

 

その後空気を読んだありさがエイを一人で見て来ると言って離脱。

 

ひとみとよしきが2度目のツーショットに。

 

よしきは気になっている人とは回らなくていいのと聞くと、ひとみは「…後で(*ノωノ)」と恥ずかしがりながら答え、よしきは瞳の気になる人は自分でないことが確定し、わかっていたことだが内心ショックを受ける。

 

逆によしきに気になる人と話せた?と尋ねるひとみによしきは

「(今)話してるかもしれない。」

と答える。

 

よしきのストレートな答えに「ヤバいヤバイ!少女漫画みたいだった、今の!」と顔を赤らめるひとみ。

1人のありさの元にカイトが現れる!

1人でエイを見ていたありさの元に、なんとゆらと別れたカイトがやって来る。

 

久しぶりと挨拶をするカイトに嬉しそうに反応するありさ。

 

カイトは続けて「今日は何で来たの?」と聞き、ありさは「カイト君と話したかったから」と率直に自分の気持ちを伝える。

 

対してカイトは「今日ありさが来てくれればいいなと思っていた」と打ち明け、ありさは嬉しさと恥ずかしさで少し混乱し、「アザラシを見に行く!」とその場をごまかす。



よしきとマリカ、マサとひとみのペアに

ペアで行動中に偶然遭遇したよしきとひとみ、マサとマリカの2組。

 

ひとみに気を遣って自分からペアを替わろうと提案するよしき。

 

よしきはマリカと歩き出すが、ゆらと遭遇する。

 

お互いが気になっていない3人はざっくばらんに今日の状況を話す。

 

まりかが「この3人だと話すのスゴイ楽!」と発言するが、この発言によしきはちょっと傷付いたのでは?

 

ひとみは意中のマサとペンギンを見て喜ぶ。

 

そしてひとみは寝る前にマサのバンドのPVを見ていると伝える。

 

ひとみは思い切りマサのこと好き好き光線を出していた。

水族館デートが終わり、アトリエで映像作品の製作へ

アトリエにはオオカミくん人形が設置されており、人形には赤い手紙が挟まれていた。

 

その手紙の内容をそうまが読み上げる。

 

それはこれから製作する映像作品に関しての事であった。

手紙の内容
  • 制作した作品は世界中の人々に試写してもらい、その審査に合格した時点で完成となる。
  • 完成した作品は全国主要都市の映画館で上映が決定。
  • 残りの10作品は一人一人が一作ずつ主演を務める。
  • 主人公の相手役は主人公が決めることが出来る。

そしてひとみ主演の作品から撮影が開始されることになる。




アトリエ内で様々な駆け引きが…

 

がくが突然ノアを外に連れ出す。

 

そして今ノアが一番気になっているので映像作品の相手はノアにしようと思っていると伝える。

 

ノアは喜び、がくがカメラ屋で「ノアと話したかった」と言われて嬉しかったと伝える。

 

いい雰囲気の二人。

 

しかしその後、予想外の展開が…

モテモテのノア。次はそうまにアプローチをかけられる。

ノアが撮影の小道具を買いに行く人を募ると、そうまが名乗りを上げ、「ノアと行きたい」と言う。

 

2人で買い出しに出かけ、さっきがくと何を話していたかを聞くそうま。

 

ノアは正直に「相手役に誘われた」と答える。

 

対抗意識を燃やしたそうまは自分の相手役にもなって欲しいと伝える。

 

ノアはそれを聞き、嬉しいと答える。



ひとみの相手役は誰に?

アトリエでよしきは水族館でひとみの気になる相手に自分が入っていないと感じ、メンタルが落ち込んでいるとマリカに相談する。

 

それを聞いたがくとそうまは始まったばかりだから落ち込む必要はない、積極的に行くべきだとアドバイスを送る。

 

ひとみはノアに相手役のことで相談をする。

 

マサを選ぶと思われていたひとみは相手役を決めかねていた。

 

よしきが積極的に来てくれてて、水族館で少女漫画みたいなシチュエーションになったことが心に残っているとノアに打ち明けるひとみ。

 

そしてひとみはついに相手役を選ぶことに…。

 

映像作品でひとみの選んだ相手がわかる!

ひとみの作品はひとみが運命の相手と会うとモノクロだった画面がカラーに変わる作品であった。

 

そして揺れていたひとみが選んだのはなんとマサであった。

 

選ばれなかったよしきは腐ることなく撮影を手伝うが、胸中は複雑なものがあった。




再びの太陽ライン

撮影終了後、またも太陽ラインが使われる。

 

使ったのはそうま。

 

気になる内容は「ノア、一緒に海に行こう!」

 

それを見て嬉しいと喜ぶノア。

 

ノアが気になっているがくは「月ライン」を使うと宣言。

 

月ラインは送られた本人しか分からないライン。

 

そしてがくはノアに月ラインを送る。

 

「ノア、遊びに行こう!」

 

2人からの同時のアプローチに戸惑うノア。

 

果たしてこの三角関係の行方は?

(3話終わり)



オオカミくんには騙されない(2020年夏)2話の感想・オオカミ予想

よしきが健気で泣ける( ;∀;)

若いせいかひとみの言動1つで心が激しく揺れ動くよしき。

 

そして映像作品の相手役が自分でなくても健気に撮影を手伝う姿に感動しました😢

 

ひとみもよしきが少し気になっているのは意外でしたが。

 

マサは結構八方美人なところがあるので、できればよしきとひとみにくっついてもらいたいですね(*^^*)



オオカミ予想がカオス状態になる予感…

いや、今回で一気に分からなくなってきました。

 

マサがオオカミなら月ラインは最後までとっておくでしょうから、太陽ラインも使っているマサはオオカミである可能性がぐんと減りました。

 

一方、新たに浮上してきたのがカイト!

 

なんか思わせぶりな態度ばかり取っていて、第3話で一気に浮上してきました。

 

しかしいまだにオオカミの第一候補はそうまです!

 

もしかすると今回はオオカミくんは2人で、そうまとカイトだということもあり得ると思います。

 

筆者のオオカミ予想

◎そうま

〇カイト

△マサ

 

「オオカミくんシリーズ」の過去作品はABEMAプレミアムにて見放題!

(※1ヶ月の無料期間中に解約しても料金は発生しません。)

見逃した番組や人気作品が見放題【ABEMA】

 

 

ABOUT ME
せんだい(せんばだいすけ)
ドラマ、バラエティ中心に芸能情報を発信しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。