釈由美子がマンホール女優と呼ばれる理由 仮面ライダーでの由来動画あり

マンホール女優 芸能情報

Twitterのトレンドで「マンホール女優」が1位になっていたので「なんぞこれ?」と思い調査しました。

 

結論から言うと、「マンホール女優」とは女優の釈由美子さんのことです。

 

 

なぜ彼女が「マンホール女優」なのか?その理由を解説していきます。

 

ちなみに決して卑猥な意味ではありませんw

 

「マンホール女優」言い始めたのは鳥取県!?

まずはコチラのHPをご覧いただきたい。

 

そう、鳥取県の公式HPです

 

このページで鳥取県内に、「ポケモンのキャラであるサンドのマンホール14枚が設置される」というアナウンスがされています。

 

コロナの影響で中止になりましたが、本来なら3月10日にこのマンホールお披露目発表会があるはずで、その発表会に釈由美子さんも出演する予定でした。

 

そしてこのHPでの釈由美子さんの紹介に

 

「釈由美子さんはマンホール女優としても有名です」

 

との表現があったのが発端だ。

釈由美子がマンホール女優と呼ばれる理由・動画アリ

釈さんが「マンホール女優」と呼ばれる所以は、釈さんがゲスト出演した「仮面ライダージオウ」第36話(2019年5月19日放送)の一場面にあった。

 

その問題の場面がコチラw

そう、劇中釈由美子がいきなり武器としてマンホールの蓋を投げ、終いにはこれを使って人を死なせているw

 

そしてこちらの動画では、この場面をマジメに科学的に分析している。

【仮面ライダージオウ】マンホールの蓋を投げる祐子!

両方続けて観ると、マジ草生えますwww

 

マンホール女優は決して卑猥な意味ではないw

最初トレンドを見た時は、卑猥な意味でつかわれていると思ってしまいましたw

 

実際見てみると、まぁ、かなりインパクトあるシーンですよねw

 

この放送時にもTwitterのトレンド入りをして、マンホールを投げる釈由美子が話題になりました。

 

その縁で鳥取県がマンホールの発表式典に釈さんを呼んだんですね。

 

しかし「マンホール女優」という呼称はw

ちなみにマンホール女優・釈由美子さんてどんな人?

1978年6月12日生まれの41歳。

 

東京都生まれです。

 

釈さんはグラビアアイドルとしてデビュー。

 

「ワンダフル」という深夜番組でその可愛さで人気を博します。

 

その後グラビアで人気を獲得し、女優業にも進出。

 

代表作は「スカイハイ」(高橋ツトム原作)というドラマです。

 

現在もその美貌は衰えてません。

 

スリーサイズもB85-W58-H84と抜群のスタイルをキープされています。

 

年齢を重ねるごとに、品と知性が身についてきた印象があります。

 

釈由美子が「マンホール女優」と呼ばれる理由 まとめ

  • マンホール女優の呼称を使ったのは鳥取県
  • マンホール女優の由来は「仮面ライダージオウ」第36話(2019年5月19日放送分)で、釈さんが武器としてマンホールを軽々と使ったこと。
  • マンホール女優とは決して卑猥な意味ではないw

しかし、番組中の一場面がきっかけで地方自治体のイベントに呼ばれるって、世の中何が幸いするか分かりませんねw

 

果たして次はいったいどんな呼び名の「女優」が出て来るのでしょうか(笑)?

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました