新型コロナ関連

【コロナ関連】総合支援資金を福岡で申請してみた 書類・返済免除条件・審査期間を解説

給付金以外でお金が必要な方、最大20万円✖3ヵ月が無利子無担保で借りられる総合支援資金制度には申し込まれましたでしょうか?

 

現在給付金関係は申し込みが殺到し、10万円の特定給付金も支給が遅れているという現状です。

 

失業もしくは収入が減少した方はこの記事で解説する総合支援資金を早めに申し込まれておくのが良いと思います。

 

私も先日福岡で申し込みを行いましたので、これから申請される皆さんのお役に立てればと思い、申請で疑問を感じたところ、気をつけるべき点をお伝えしていきます。

 

 

総合支援資金の現在の審査期間

各市町村によってばらつきはあるみたいですが、申込から審査結果が出るまで1~2ヵ月かかるとのことでした。

 

ただ早急に資金を貸し付けることを前提としているため、審査通過の通知が届くより先に振り込みが行われる場合もあるということです。

 

総合支援資金とは?内容を確認

こちらは文字通り給付金ではなく貸付金です。

 

なので返済をしなければいけないことが前提になります。

 

緊急小口資金がコロナウイルスの影響で休業された方、総合支援資金は失業された方が対象と書かれている場合がありますが、総合支援資金は収入が減少した方でも申し込めますので、お困りの方はお早めに。

 

ただ緊急小口資金と総合支援資金は同時期に申請は出来ませんのでご注意を。

 

緊急を要する方はまず緊急小口資金を申し込み、小口資金の支給後に総合支援資金を申し込むと言う形になります。

 

【貸付上限額】

単身世帯:月15万円以内

2人以上の世帯:月20万円以内

 

【貸付期間】

原則3ヵ月以内

 

【返済期限】

最長1年の据置期間後、10年以内で返済。

10年を超えた場合年利3%の利子が発生する。

 

【貸し付け条件】

無利子無担保でOK。

保証人も不要です。

 




返済が免除される場合がある

今回設けられた特例措置では、償還時になお所得の減少が続く住民税非課税世帯は、「償還を免除」することができるということになっています。

 

要は、住民税が賦課されないほど収入が減少している世帯には、返済を免除しますということです。

 

申請用紙の取り寄せ方法

福岡の社会福祉協議会ではインターネット上で申請用紙が配布されていませんでした。

(自治体によってはネットで配布しているところもあります。)

 

お住まいの市町村の社会福祉協議会に電話をかけて用紙を取り寄せましょう。

⇒福岡県各市町村社会福祉協議会の連絡先

⇒福岡県各市町村の社会福祉協議会のリンク一覧

⇒全国の社会福祉協議会へのリンク集

 

 

 

この際に電話口で現在の状況を聞かれますので、少なくとも自分の職業、現在の収入、コロナの影響を受ける前の収入(昨年の平均月額)、減少した理由は説明できるようにしておきましょう。

(市町村によっては電話口でこういった質問がないところもあるようです。私は上記の内容の質問を受けました)

 



申請用紙の書き方

記入が必要な申請用紙は全部で4枚あります。

①借入申込書

②申し込みに当たっての留意事項

③借用書(両面記入)

④減収状況に関する申立書(必要な人のみ)

 

 

基本的には申込書通りに書けば問題ないのですが、私が書いていてわからなかったところ、注意すべところを4つご紹介します。

借入申込書

通常時の月収

「通常時の月収」欄がありますが、私の場合月によってかなり開きがありましたので、平均値を出して記入しました。

 

(※私は念のため、付せんにいつからいつまでの収入の平均値と記入し貼り付けておきました)

 

借入申込書の借入申込理由欄

ここは記入例に「審査がありますので詳しくご記入ください」と書いてありますので、出来るだけ具体的に書く必要があります。

 

例として飲食業なら

「新型コロナウイルスが問題になった2月以降、来客が〇割もしくは〇人減り、売り上げが〇〇%減少。このままでは生活を維持することが困難になると予想されるため、今回申請に至りました」

といったように出来るだけ具体的な数値を挙げて、申請に至った理由を記入しましょう。

 

「売り上げが減少したから」等では抽象的すぎて、本当に貸付が必要なのかも判断できかねます。

 

審査する側が判断しやすいように出来るだけ具体的な状況を書くようにしましょう。

 




収入の減少状況に関する申立書

申立書が必要な人

失業の確認が出来る書類または収入の減収が確認できる書類のコピーがない人はこれを記入して申請する必要があります。

 

以下の書類がある人は、そのコピーを提出すればこちらの申立書は提出不要です。

【失業の確認が出来る、または収入の減収が確認できる書類の例】

  • 離職票
  • 個人事業の廃業届
  • 退職辞令
  • 減収証明書

 

私はこの書類がなかったので、この申立書にプラスして通帳のコピーを提出しました。(振込額が減っていることを証明するため)

 

理由について

借入申込書と同じ理由で大丈夫です。

 

逆に申込書の理由と違ってたらおかしなことになりますw

 

申立書の下側「総合支援資金の申込の場合のみ記載」の欄について

また申立書の下側に「総合支援資金の申込の場合のみ記載」という欄がありますが、これは他の公的給付(失業給付、生活保護、年金等)を受けている人が記入するだけで、総合支援資金に申し込む人すべてが記入しなければいけないというワケではありません。

 

なので該当しない人は空欄で大丈夫です。(念のため電話で社会福祉協議会にも確認しました)

 



その他必要な書類

申請用紙の記入が終わったら、以下の書類を用意しましょう。

  • 住民票(世帯構成員全ての記載があり、本籍地等省略がない3ヵ月以内のもの)
  • 身分証明書(健康保険証・運転免許証等。現住所と住所表記が同一の物)
  • 預金通帳の見開きのコピー

 

まとめ

現時点ではまだ私の方にも審査に通ったかの通知は来ておりません。

 

出来れば通っていて欲しいというのが本音ですが。

 

ただ上にも述べた通り、審査には1~2か月かかるということでしたので気長に待ちたいと思います。

 

ようやく全国でも緊急事態宣言が取り下げられ、落ち着きを取り戻したかに見られる日本。

 

しかし、経済はまだ先行きが見えず、これからどうなるか予断を許しません。

 

私もコロナの影響で収入が減少し、これからのことをしっかり考えさせられました。

 

まずは利用できる制度は利用して、これからの波に備えましょう!

 

 

 

ABOUT ME
せんだい(せんばだいすけ)
ドラマ、バラエティ中心に芸能情報を発信しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。