RADWIMPS『新世界』の歌詞の意味を考察!内容が深い…

芸能情報

5月8日にミュージックステーションでRADWIMPSの新曲「新世界」が披露されました。

 

この日の出演のために書き下ろしたというこの曲。

 

このコロナ禍のあとに変化するであろう世界に人々が希望を持てるようにという気持ちを込めて作ったそう。

 

曲の印象

「希望が持てるように」というボーカル野田さんの言葉から明るい曲をイメージしてましたが、どちらかというと暗めの曲でした。

 

やはりこれは今の自粛や停滞する経済活動を受けて、人々の気持ちが暗くなっていることを表現しているのでしょう。

 

曲=現在の世界の雰囲気というイメージですね。

 

歌詞についても隠喩と思われる表現が多く使われていましたが、明日に向かう希望が多く籠められていました。

 

特に印象に残ったのは以下の三つの歌詞です。

印象に残った歌詞①「凪いで」と「泣いて」の意味

韻を踏んだ歌詞ですが、この「凪いで」とは風の止まった状態である「凪(なぎ)」を望んでいるということです。

 

つまり今世界に吹き荒れるコロナという強風が止まって欲しいということを表していると解釈できます。

 

「泣いて」とは家族をコロナで亡くしたり、学校に行けず仲の良い友達・恋人に会えなかったり、売り上げが下がり店を閉めなければいけなくなった人といったこのコロナでマイナスの感情になった人々を指しているのだと。

 

コロナが止んで泣く人がいなくなって欲しいというRADWIMPSの願いが込められている部分です。

印象に残った歌詞②「空」と「ビル」

 

【僕らは空に落ちてく】

これはこれまでの常識が引っ繰り返ていることを表しています。

 

空は「上」にあるモノなので「落ちる」という表現は、普通しません。

 

最初は「死んで魂が天に昇ること」を「僕らは空に落ちてく」としたのかなと思いましたが、歌詞の「僕ら」は生きている前提で書かれてますから、「空に落ちる」=「死」ではありません。

 

じゃあこの歌詞は何が言いたいのか?

 

  • まずはこれまでの当たり前が当たり前じゃなくなったこと
  • そしてそれは上下が引っ繰り返るほどの大転換である。
  • 空のイメージ=明るい、自由

 

なので「現在の世界がひっくり返った後で、新しい自由な世界に放り出される」ということを言いたいのだと受け取れます。

 

【ビルは剝がれ落ちてく】

後半の「ビルは~」は、在宅ワークが主流になり、オフィスビルが使われなくなるだろうということを暗示しています。

 

現在の慣習が古くなり、新しい生き方が広まっていくことを示唆しています。

 

印象に残った歌詞③「0(ゼロ)」

 

0(ゼロ)

 

これが「新世界」の一番のキーワードです。

 

そしてこの部分の歌詞は以下のようなダブルミーニングになっていると思われます。

 

 

「今回の出来事で古い世界の価値観が崩れ、全てがゼロになる。

 

そしてその後は争うのではなく、皆で綺麗な0を描き(=つまり手を繋いで輪(〇)になろう)、平和な世界を今作ろう。」

 

といった”ゼロを表す0”と”円を表すゼロ”のダブルミーニングだと解釈できます。

新世界を聞いた皆さんの感想

やはり皆さんも歌詞の世界に引き込まれて、絶賛しています。

 

新世界の発売日はいつ?

 

今回Mステで披露されましたが、今の所CD発売・曲配信の予定は発表されていません。

 

情報が入り次第こちらの記事でお伝えしていきます。

 

RADWIMPSの新曲考察まとめ

  • どちらかというと暗い曲だが、歌詞は明日への希望を歌っている。
  • 配信予定は現在不明
  • SNSでも「深い」と絶賛の声

 

コロナで厳しい状況が続きますが、明るい気持ちを失わず、あすに向かって行きましょう!

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました