大場美和の引退理由・実家・現在の活動について調べてみた。

芸能情報

2020年5月13日の「今夜くらべてみました」に出演した元スポーツクライマーの大場美和さん。

一時はオリンピック出場確実と言われながらも、スポーツクライミングを引退してしまいます。

 

いったい彼女の引退には何があったのか?

 

その理由と、現在の活動、そして彼女の才能を育んだ実家の状況を調査して得られた情報をお伝えしていきます。

 

大場美和の引退理由

CMでのやらかしが引退理由!?

大場美和さんで検索すると「大場美和 やらかした」「大場美和 放送事故」等のサジェストが出て来て、あたかも大場美和さんが何かをやらかしてそのせいで引退したのではとの印象を受けます。

 

しかし、結論から言います。

 

大場さんはやらかしも放送事故も起こしていません。

 

放送事故と言われるのはコチラのCMが話題になったからでしょう。

 

校舎の壁を伝って3階まで駆け上がる女子高生。

女子高生 CM 【絶対に真似をしないでください。】

この女子高生が大場さんなのです。

 

このCMは瞬く間に話題となり、1週間で100万回再生を突破します。

 

ただタイトルにも「絶対真似をしないでください」とある通り、素人がやるとかなり危険な行為であるのは間違いありません(;^ω^)

 

「真似したら危険だ」とかなり騒がれてしまい、それに尾ひれがついて、「大場美和さんがやらかした」ことになったというのが真実なようです。

 

実際は大場さんは自分の特技を活かしてCMに出演しただけで、やらかしたのはこのCMを制作した広告代理店、果てはクライアント企業ではないかと思います。

実際の引退理由とは?

大場さんのコメントによりますと、「スポーツクライミングに違和感を感じていた」というのが理由のようです。

 

2018年にスポーツクライミングの現役生活から離れますが、その際に以下のようなコメントを残されています。

 

「競技のクライミングも好きなんですけど、岩を登る事が本当のクライミングだと思っているところがあって、そこからどんどん離れていってしまっているような気がするので。憧れに近づきたいっていう気持ちもあって競技を辞めようかなって思うようになりました。」

出典:大場美和 Wikipedia

 

確かに、スポーツクライミングはあくまでスポーツなのであって、実際の岩山に登るのとはだいぶ違いがあると思います。

 

競技をしていくうちにクライミングの本質に目覚め、本当のクライミングを追求することに決めたんですね。

 

考え方・生き方もストイックでまるで職人のように感じます。

大場美和の現在

2016年にフェリス女学院大学文学部に入学したので、留年等が無ければ2020年の3月で卒業されています。

 

スポーツクライミングの引退後はフリークライマーとして世界各地の山に登りに行っており、スポーツクライマーとしては引退されましたが、まだまだクライマーとして活動されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

miwa oba(@miwa_oba)がシェアした投稿

2020年の東京オリンピックのリポーターがしたいと2018年頃に話されていましたが、2021年に延期になった東京五輪で大場さんのリポーター姿を見ることが出来るのでしょうか?

 

大場美和さんの実家はクライミングジム!?

大場さんの実家には3面の専用ウォールが設置されているそう。

 

そんな本格的な設備を持っているなんてもしかしたら実家がクライミングジム!?とも言われていましたが、実際は違います。

 

大場さんのお父さんは歯科医さんで、クライミングに夢中な大場さんの為にお父さんが大工さんたちと相談して実家に3面のクライミングウォールを作られたそうです。

 

ちなみにその壁は「MIWA-WALL」と名付けられ、他のスポーツクライミングの選手も訪れて登っています。

大場美和さん引退理由・現在・実家情報まとめ

  • 引退理由はスポーツクライミングより本格的なクライミングに打ち込むため
  • 現在は」大学を卒業し、フリークライマー
  • 実家は歯医者

 

競技としてのクライミングからは離れましたが、本当のクライミングに挑戦している大場さん。

 

やはり登ることが本当に好きなのでしょう。

 

来年のオリンピックで彼女の素敵リポーター姿が見れることを願っています。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました