村田諒太とカネロの試合が内定⁉日程と会場、放送局を調べてみた。

村田 カネロ 気になるニュース

ボクシングWBAミドル級チャンピオンの村田諒太選手の対戦相手が決定したと週刊新潮2月6日号で報じられた。

相手はPFP(パウンドフォーパウンド)1位のサウル・”カネロ”・アルバレスだ。

世界的に見ればカネロの次の対戦相手が村田だという形。

このビッグマッチが内定したとなれば、井上尚弥選手のWBSS優勝以上のインパクトがある。

現在、世界標準で言えばカネロがスーパースターで、村田選手は東洋の島国のボクサーに過ぎない。

しかし、村田選手ががこの闘いに勝利、もしくは善戦すれば、村田選手の評価はうなぎのぼりになるのは間違いない。

 

早速今出回っている情報で確度の高い物を調べてみました。

村田VSカネロの試合日程

2020年5月24日(日)の昼間開催が濃厚。

アメリカでの放送時間に合わせて昼間での開催となる。

 

村田VSカネロの試合会場

当初は東京ドームで、かつゴールデンウィークでの開催を模索していたが、この時期はプロ野球で会場が抑えられているため、一番の候補は「さいたまスーパーアリーナ」、ついで「横浜アリーナ」での開催が有力視されている。

東京ドームには及ばないが、どちらも2万人以上を収容できるため、試合が実現すれば、この2会場のいずれかになることが予想される。

村田VSカネロの放送局

地上波は未定だが、放送はスポーツ動画配信サイトのDAZNが濃厚。

というのもカネロはDAZNと2018年10月に5年間11試合で約410億円ともいわれる契約からだ。

当然村田との試合もこの契約に入って来る。

この試合の実現には、日本でのシェア拡大を図るDAZNの後押しもあったのではと推測される。

 

村田VSカネロの対戦階級

これはスーパーミドル級での試合となると予想される。

村田自身も「カネロとやれるなら階級を上げてもいい」と発言しているため、スーパーミドル級での対戦が濃厚だ。

カネロは直近の試合で村田より3階級上のライトヘビー級で世界王座を獲得しており、3階級下げるのは現実的ではないため、カネロの持つWBAスーパーミドル級王座をかけた試合、もしくはキャッチウェイトでのノンタイトル戦になる可能性もある。

万が一ミドル級で行われるなら、カネロはWBAミドル級のスーパー王座を持っているため、村田との対戦はWBAミドル級の真の王者を決める統一戦となる。

筆者としてはミドル級での対戦が一番観たい。

対戦相手のカネロとは

カネロはメキシコ出身のボクサー。

正式名称はサントス・サウル・アルバレス・バラガン。

1990年7月18日生まれの29歳。

戦績は56戦53勝(35KO)1敗2引き分け。

 

ライト級のワシル・ロマチェンコと並び、ボクシング界の最強選手かつスーパースター。

スーパーウェルター級、ミドル級、スーパーミドル級、ライトヘビー級の4階級で世界王座を獲得している。

GGG(ゲンナジー・ゴロフキン)にも勝利し、あのフロイド・メイウェザー・ジュニアとも戦っている。(結果はカネロの判定負け)

 

ちなみにカネロはあだ名で、スペイン語で”シナモン”を意味する。

シナモンは茶色であり、カネロの頭髪が茶色であることから、このあだ名がついた。

村田VSカネロ勝敗予想

試合が実現した場合の勝敗を予想してみました。

 

予想:カネロの後半TKO勝ち。

カネロは一流と言われる選手に幾度も勝利してきており、実績面では村田をはるかに凌駕している。

一方の村田はポテンシャルは認めるものの、カネロの実績には遠く及ばない。

なので実績から考慮すると、上記の予想になる。

 

しかし、以下の表をご覧いただきたい

身長 リーチ パワー テクニック
カネロ 175㎝ 180㎝
村田 183㎝ 184㎝

一番注目すべきは身長とリーチの差である。

これを活かしたアウトボクシングに活路を見出せば村田勝利の可能性は十分にあると筆者はみている。

ただ村田の持ち味はそのパンチ力であることは周知の事実。

KO狙いの派手な試合を皆が期待しているだろう。

だが勝利の可能性を1%でも高めるのなら、KOではなくポイント勝負に持ち込むべきだろう。

そしてポイントでも勝てそうになかったら終盤玉砕覚悟の猛攻を仕掛ける二段仕掛けの作戦で臨んでもらいたい。

打ち合いではスピードと当て勘から、カネロが有利と見ている。

 

※1/30現在、週刊新潮が対戦決定と報道しています。両陣営からの公式発表はまだ行われていません。

 

 

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました