家政夫のミタゾノ1話ネタバレ感想【シーズン4】 政治家一家に切り込む!

家政婦のミタゾノ ドラマ

2020年4月24日、遂に「家政夫のミタゾノ」第4シーズンが始まりました。

 

今回は助演に伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)と飯豊まりえを迎え、更にパワーアップしたミタゾノが見れそうです( *´艸`)

 

それでは早速第1話のネタバレと感想を見ていきましょう。

 

家政夫のミタゾノ 第1話ネタバレ

環境大臣に内定した政治家・岩瀬の家に、新人の霧島マイ(飯豊まりえ)、村田ヒカル(伊野尾慧)と共に派遣されたミタゾノ(松岡昌宏)。

 

岩瀬は大臣に内定したことを妻と息子に報告。

 

喜んでくれる妻と息子に、くれぐれも身の回りに気をつけて不祥事を起こさないように言います。

 

注意した矢先に、さっそく息子が車で接触事故を起こしてしまいます。

 

大きな事故ではなかったので岩瀬は安心しますが、秘書は不祥事になりかねないともみ消すことを提案。

 

岩瀬は自身のクリーンなイメージもあるためその提案を拒否。

 

息子の光一は相手に自宅の住所を伝えたというので相手の出方を待つことに。

 

 

しかし、今度は岩瀬の妻が怪しい行動を取る。

 

町内会の集まりに出ると言って家を出た夫人。

 

ホテルのカフェで若い男と話す夫人に、ミタゾノが資料を届けに行く。

 

夫人はよそよそしい振る舞いで資料を受け取り、男とエレベーターに乗り、上の階へ消える。

 

何か意味ありげな表情を浮かべるミタゾノ。

 

息子の事故の件に関して岩瀬の秘書がドライブレコーダーを確認した所、相手の外見はスキンヘッドにサングラス、事故直後には強烈な関西弁で息子の光一にまくしたてていた。

 

事故相手が反社の人間であればマズいことになるという秘書。

 

その時、事故相手が首にコルセットを巻き、大臣の家に現れる。

 

示談金の件で話があると切り出す事故相手。

 

慌てる秘書と大臣だが、相手の職業を聞かず、出来るだけ穏便に済ませようとするがそこにミタゾノが顔を出す。

 

相手の職業を尋ねるミタゾノ。

 

相手の答えはヤクザ…ではなく、なんと「薬剤師」

 

ハンドルを握ると性格が凶暴になってしまう為、事故直後には乱暴な物言いになってしまったとバツが悪そうに頭をかく。

 

事故は自分にも原因があったと、逆に示談金を払うと申し出る事故相手。

 

岩瀬は自分の息子にも責任があるとその申し出を断り、あいてもさすが岩瀬大臣と感激して事故の件は解決する。

 

しかし、解決したと安心した直後、事故相手から意外な発言が。

 

事故相手は岩瀬の息子が反社ではないかと恐れていたと言う。

 

相手が撮っていた写真から、岩瀬の息子・光一の同乗者の腕にイレズミが入っていることがわかる。

 

「まさか息子が反社と関わりが!?」

 

不安に襲われる岩瀬。

 

その頃、息子は電話で「おばあちゃん夜道に気をつけてね」と相手に話し、手元では札束を数えていた。

 

その会話を家政夫の村田ヒカルが聞いていた。

 

ヒカルは息子が反社ではと疑う岩瀬達に「光一はオバアちゃんに電話をかける心優しい青年なので反社ではない」と言う。

 

しかし、それはオレオレ詐欺ではないかと逆に不安を与えてしまう。

 

翌日副総理が岩瀬の家を訪ね、「岩瀬大臣の息子は半グレ」という怪文書が届いたことを告げ、事の真偽を尋ねられる。

 

岩瀬は息子の光一の部屋に入り、事の真偽を尋ねる。

 

しかし光一は話をはぐらかし、岩瀬を部屋から追い出す。

 

息子が反社であると確信した岩瀬は副総理に辞任を申し出るが、辞任はせず息子と絶縁しろと言われる。

 

その際に封筒を渡され、岩瀬の家でシュレッダーにかけるよう依頼する副総理。

 

頭を抱えて自宅に戻ると、岩瀬は妻と若い男との密会写真を見つける。(写真はおそらくミタゾノが置いたと思われる)

 

妻のスマホと手帳をチェックし、妻がホテルで男と密会していること確信する。

 

翌日、息子に家を出て行き海外で暮らすよう言う岩瀬。

 

止める妻にも密会写真を突きつける。

 

しかし写真は浮気ではなく、岩瀬の支持者を増やすためのセミナーの際の写真であった。

 

会っていた若い男は単なるセミナーの参加者だったのだ。

 

息子も「反社」ではなく、「反射」素材がついた服を売っていた。

 

老人たちが夜道も安全に歩けるように配っていたのだが、タダでは受け取ってくれないため、仕方なく売ることにしたと。

 

電話していたのも脅しではなく、「夜道は老人には危ないから気をつけてね」というものだった。

 

また事故の際の車の同乗者の入れ墨も、入れ墨の模様のアームカバーだったことが判明。

 

妻と息子の無実に安心する岩瀬の元に、明日発売の週刊誌が岩瀬のスキャンダルを掲載するとの情報が。

 

岩瀬が政府主催の新年餅つき会参加者の名簿を処分したと。(桜を見る会のパロディですね…)

 

副総理から言われるままに封筒を家のシュレッダーにかけたのは事実だが、岩瀬は中身を何も知らなかった。

 

秘書に何とかもみ消せと指示する岩瀬。

 

遂には「自分は上級国民だから何とかしろ」と発言。

 

そんな岩瀬に愛想を尽かし、出て行く秘書。

 

そして妻と息子も去っていく。

 

しかしシュレッダーにかけた書類はミタゾノが再生しており、それとミタゾノが渡した写真を岩瀬は副総理に突きつける。

 

その写真は、新年餅つき会で副総理と反社会勢力が繋がっていることを証明するものだった。

 

副総理は更迭され、岩瀬はクリーンなイメージを保つことに成功し、妻と息子との関係も修復された。

 

1話の感想

かなり風刺的な内容ですよねw

シーズン4もかなり攻めてるなと感じました。

ラストのダンスは何かイラっとするんですが、その内クセになってしまいそうな気がしてますw

 

 

家政婦のミタゾノ第2話の次回予告

 

第二話の舞台はラーメン店のようですが、「ラーメン店に家政婦必要?」と思ってしまいました(笑)

 

第2話の放送は5月1日です。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました