気になるニュース

キングダム(映画)続編の内容はどこからどこまで?史記も踏まえて予想してみた

2020年5月29日に映画「キングダム」の続編制作決定のニュースが飛び込んできました!

 

続編を待ち焦がれていたファンの方々も多かったのではないでしょうか?

 

この記事では続編の内容がどこからどこまでになるのか、原作マンガと元となった歴史書「史記」の情報を基に予想していきたいと思います。

 

映画「キングダム」続編の内容予想

第2作の内容は11~16巻の趙との闘いが有力!

第1作は天下の大将軍を目指す少年・信と、秦王・政が出会い、秦の都を奪還するところまでが描かれました。

 

原作マンガでいえば1~5巻です。

 

ですので続編は6巻以降になることは確実です。

 

ただ必ず6巻の冒頭から始まるという確証はありません。

 

なぜなら映画版キングダムは4部作で完結予定と言われています。

 

原作マンガが2020年5月現在57巻まで刊行中ですので、全てを順番に映画化していくと10作以上かかるでしょうw

 

なので今回映画化されるエピソードは秦・超の戦い(第1戦)なのではないかと思われます。

 

原作でいえば、11巻から16巻に当たるエピソードです。

 

このエピソードでは何と大沢たかお演じる王騎が死にます!

 

原作でも熱くなれるシーンですので第2作の終盤は王騎の最後が描かれて終わるのではないかと思われます。




11巻からなら羌瘣と呂不韋は登場しない?

いえ、第1作の直後になる6巻から10巻までが全く描かれないわけではなく、羌瘣や呂不韋の登場は原作マンガとは形を変えて描かれるのではないかと思われます。

 

羌瘣と呂不韋はストーリー上絶対に落とせない2人ですからね(*^^*)

 

呂不韋はともかく、羌瘣を演じる女優さんは大変ですね(;^ω^)

 

実際にはあんな剣舞のような動きは出来ないでしょうから。

 

ですので羌瘣の動きはおそらくCGでの編集が入るのではないでしょうか?

 

ただ過去にキングダムの連載10周年動画が作られた時には、山本千尋さんという女優が見事な剣舞を披露しています。

映画版も彼女が羌瘣役にキャスティングされるかもしれませんね(*^^*)

 

歴史書「史記」ではどこが見どころ?

史記ではキングダムの主人公・李信にあまりスポットは当てられていません。

 

基本的に始皇帝である政にスポットが当たり、中でも秦が天下統一を進める中で最大の見どころは大国楚との最終決戦です。

 

ただこの最終決戦で信は、楚の大将軍・項燕に敗れ、ピンチに陥った秦王・政は引退していた王翦(王賁の父)に出馬を頼み、王翦は見事楚軍を打ち破ります。

 

信が活躍しないのでこの闘いは原作でも描かれるか微妙です。

 

なのでこの後に斉を王賁と蒙恬と組んで滅ぼすのが原作のクライマックスになると思います。

 

ただ原作がそこまで到達するのにどのくらいかかるかは予測できませんが…。



キングダム映画続編内容予測まとめ

おそらく11巻から16巻の内容である趙との合戦中心に描かれ、王騎が死んでしまうところまで進むのではないかと思います。

 

それと羌瘣と呂不韋は原作とは内容を変えて登場させるのではないかと。

 

まずは公開日を早く発表して欲しいのが本音です(;^ω^)

 

今後新たな情報が入り次第、コチラの記事で更新していきます(*^^*)

【キングダム続編関連記事】

キングダム2(映画続編)の公開日・ロケ地情報を紹介

実写キングダム映画続編のキャストを予想 きょうかい・呂不韋役はやはりあの俳優か?

 

 

 

ABOUT ME
せんだい(せんばだいすけ)
ドラマ、バラエティ中心に芸能情報を発信しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。