気になるニュース

菊池涼介の元交際相手Aの名前・顔画像を調査。浮気?美人局?

広島東洋カープの主力選手・菊池涼介さんが、3月6日付で東京簡易裁判所に調停申立書を提出していたとの報道が飛び込んできました。

 

昨年9月に結婚した菊池選手ですが、それ以前に付き合っていた女性から訴えを起こされたとのこと。

 

この記事ではこの出来事の顛末を簡易的にまとめ、原告のである元交際相手の女性の情報を調査してみました。

 

菊池涼介は浮気をしていた?

菊池選手は「結婚後は会っていない」のであくまで「遊び相手」としてAさんを認識していた様子。

 

そして交際したのは独身時代だけという。

 

しかし、今の奥さんと交際していた時も独身時代なわけですから、もし奥さんと付き合っている時に会っていたのなら「浮気」にあたるのではと思います。

 

菊池選手側の言い分だと、1年ほどこのAさんと肉体関係にあったという。

 

菊池選手は広島出身の知人からAさんを紹介したいと言われ、軽く付き合えるならOKと返事をし、実際に会うことになったそうです。

 

そして最初に会った時には東京でドライブデートをして、次に会った時に肉体関係になったとインタビューで菊池選手は正直に答えている。

 

それから肉体関係は続き、1~2ヵ月に1回の頻度で、遠征先のホテルで会うことが続いた。

 

その後菊池選手は現在の奥さんとの交際が始まり、段々とAさんとは疎遠になっていったとのこと。

 



実際は美人局?ハニートラップ?

この報道に関しては菊池選手を批判する声、擁護する声両方が聞かれます。

 

擁護の理由として

  • 慰謝料が法外な事
  • 美人局くさい
  • このことについて、菊池選手が真剣に解決しようとしている

ということが挙げられます。

 

ただ逆にハニートラップではないとの声も聞かれます。

 

たしかにハニートラップであれば、もっと現実的な慰謝料を落としどころとするからです。

 

8000万円という莫大な慰謝料を請求することによって、今回のように騒ぎが大きくなり、菊池選手にも自分が感じたような痛みを味わって欲しいと言うのがAさん側の気持ちとしてあるのではないでしょうか?

双方の言い分をまとめてみた

菊池選手側

恋愛関係にはなく、お互いに割り切った上での肉体関係だった。

 

結婚後は1度も会っていない。

 

Aさん側

結婚を前提に真剣に付き合っていると思っていた。ちゃんと「好きだ」とも言われた。

菊池選手に2年間をささげてきた。

結婚後も2回会った。

 

うーん、見事に矛盾してます。



慰謝料の額は?払う?払わない?

女性側は8000万円という慰謝料を求め、訴えを起こしました。

 

対して菊池選手側は当初解決金として500万円を用意したが、折り合いがつかず、1000万円までなら支払ってもいいと考えてるとのこと。

 

それでも原告のAさん側が5000万円以下での和解は受け付けないとしているため、話は平行線をたどり、今回調停を申し立てた形になりました。

 

8000万円はちょっと多すぎる気もしますが、Aさん側としては「菊池選手に痛みのある額でないと承服できない」と言っている様子。

Aさんの情報 本名・顔写真を調査

Aさんについて分かっている情報

  • 芸能人ではなく一般人
  • 大手企業に勤務
  • 広島ではなく、関東に在住か?

 

Aさんは一般人の方なので、写真等は無く、残念ながら名前も公表されていませんでした。

 

これで名前や顔がわかったら致命的になるので、素顔をさらさないのは当然と思われます。

 

また弁護士も既に介入しているので、マスコミも訴訟沙汰になるのを恐れ、Aさんのことを追求することはないと思います。

 

本人が名乗り出た場合は別ですが。

今後の決着はどうなる?

調停依頼が出たなら、今後は法廷で決着をつけることになります。

 

ただ、相手女性、菊池選手、どっちもどっちというのが感じる所です。

 

女性を肉体関係だけで見ているなどちょっと軽蔑します。

遊びでも別れるときにちゃんと誠意を尽くしていれば、今回のようなことは起こらなかったでしょう。

裁判の行方に注目です。

 

 

 

ABOUT ME
せんだい(せんばだいすけ)
ドラマ、バラエティ中心に芸能情報を発信しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。