河井案里の相手は誰?広島県議の元議長、同期の現役県議、元公設秘書

エアガン 半グレ芸人X 気になるニュース

参議院議員選挙の公職選挙法違反疑惑で秘書が逮捕され、夫の河合克行元法務大臣と共に検察の捜査を受けている河井案里議員。

 

その捜査の過程で河井案里議員の携帯電話が押収されましたが、検察関係者が以下のような衝撃的な話を打ち明けたそうです。

 

「携帯電話を押収した“最大の成果”は、案里に性的関係を持つ男性が3人ほどいるのが分かったことだ」

出典:ライブドアニュース デイリー新潮 捜査で浮上!「河井案里」に3人の男

 

 

清廉なイメージを保たなければいけない国会議員にとってこの報道は爆弾にも等しいです。

 

正直公職選挙法の捜査と、この性的関係を持っているという3人の男性にどういう関わりがあるか分かりませんが、この3人と思しき男性について調べてみました。

 

3人の男とは誰?

まず3人の男の正体について、広島の捜査関係者が以下のように言及しています。

 

  • 広島県政のドンと呼ばれた県議会の議長経験者
  • 次に広島県議会の現役県議(河井議員と同期の2003年当選)
  • 河井夫妻の事務所で働いていた元公設秘書

 

この3人が河井議員のお相手として報道されています。

 

それではそれが誰なのか?

 

一つ一つ見ていきましょう。

 

1人目:広島県政のドンと呼ばれた男 広島県議の議長経験者

ドンと呼ばれているだけあって、かなり影響力を持っていることが予想されます。

 

デイリー新潮での取材では、この元議長の男性が古希を超えていると書いてありました。

 

もしかするとこの報道にある元議長の事を指しているのかもしれません。

 

⇒元広島県会議長ら事務所を捜索 案里氏陣営の現金提供疑惑(日本経済新聞)

 

この報道にある元議長の方は75歳ですので、新潮の報道と「古希を超えた年齢」と「元議長」という点で合致します。

 

地元政界の重鎮で、12年に渡り県議会議長を務めているので、「広島県政のドン」と呼ばれてもおかしくない経歴を持っています。

 

2人目:河井議員と当選同期の現役県議会議員

コチラに関しては、河井案里さんが県議会議員に当選したのが2003年でしたので、同じ選挙で当選した男性の新人県議会議員を調べてみました。

安木和男
天満祥典
吉井清介
小林秀矩
大井 哲郎
高橋 雅洋
安井 裕典
おがた直之
田川じゅいち
くりはら俊二
東保幸
武田正晴

なんと12人もいらっしゃいました(笑)

 

これでは疑惑をかけられているのがどなたか分かりませんが、「同期で現役県議」との報道でしたので、現在も広島県議会議員の方に絞り込んでみました。

 

吉井清介
小林秀矩
安井 裕典
おがた直之
東保幸
くりはら俊二

 

新潮の報道通りであるならば、この中の6人が河井案里議員と深い関係にあったということです。

3人目:河井夫妻の元公設秘書

コチラに関しては全くと言っていいほど情報が見つかりませんでした。

 

どちらの公設秘書かも定かではないですし、秘書ですから議員の自宅に行くことも多々あるでしょうから正直前の2名に比べ、深い関係であった可能性は低いのではないかと思います。

 

河井案里の相手の男3人まとめ

正直今の情報では特定はできませんが、デイリー新潮の報道が事実とすれば、この記事の内容はかなり近いところまで迫っていると思います。

 

ただ冒頭でも述べたように、公職選挙法の捜査と、河井案里さんに相手が3人いるかもしれないというニュースどう関係があるのでしょうか?

 

事実は河井案里さんの秘書が公職選挙法違反で逮捕され、河井夫妻が現在検察の捜査を受けているということです。

 

ただ河井さんは昔から「アピールがスゴイ」と噂だったようで、それゆえこのような性に関する醜聞が出てしまったのかもしれません。

 

現在捜査中の疑惑に関係はありませんが、この報道は今後議員を続けていくのにかなりの打撃になるのではないかと思います。

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました