I-LAND

I-LAND(アイランド)第9話のネタバレ 投票は8/29の24時まで

2020年8月28日にABEMAにて放送されたアイドルオーディション番組「I-LAND」の第9話のネタバレです。

 

視聴者投票のやり方はコチラから。

I-LAND(アイランド)第9話のネタバレ

第2回目のテスト内容が発表される。

 

第2回目のテストは「相性テスト」

  • 「Flicker」
  • 「Dive into you」

この2曲5人と6人の2つのグループに分かれ、それぞれパフォーマンスを行う。

 

そして視聴者のグローバル投票により、最下位のメンバー1人が脱落する。

 

ただプロデューサー陣が選出するパフォーマンス評価1位は「締め切り前24時間の投票数が2倍になる」という特典が得られ、次のテストへ進むことがほぼ確実になる。

 

前回のテスト1位のヒスンに曲とメンバーの選択権が与えられる。

 

ヒスンはFlickerを選択し、ソンフン、ジェイク、ジョンウォン、ケイをメンバーとして選出する。

 

自動的に残った六名が「Dive into you」チームに。

Flickerチーム
  • ヒスン
  • ソンフン
  • ジェイク
  • ジョンウォン
  • ケイ
Dive into youチーム
  • ジェイ
  • タキ
  • ニキ
  • ソヌ
  • ハンビン
  • ダニエル



それぞれのチーム練習が進んでいくが、Flickerチームに不穏な影が…

こだわりの強いケイを中心に練習は進んでいくが、最年長のメンバーであり、実力も1番と思われるケイに対し、意見が言いにくいと感じるメンバー。

 

このコミュニケーション不足が命取りにならなければいいが…。

 

一方DIVEチームはジェイを中心に練習を進めていく。

 

ディレクターたちの中間チェックが入り、Flickerチーム、Diveチーム両方が審査される。

 

中間チェックではジェイクが一人テンポが速いと指摘され、中間チェックではFlickerチームよりDiveチームの方が出来が良かったと評価される。

 

その後Flickerチームにて行われたボーカルチェックで歌詞を覚えていないことをディレクターから詰問されるヒスン。

 

皆でダンスの練習中心にしていたから歌詞は後回しにしていた。

 

ケイが練習の中心だったため、他のメンバーはボーカルの練習をしようと言い出せなかった。

 

Flickerチームは練習すると言うより、チームの雰囲気を壊さないように気を遣い合っていて、その状態ではパフォーマンスの向上に繋がらない。

 

危機感を覚えたメンバーは5人で話し合い、年長者でケイに気を遣って意見が言いにくかったことを伝える。

 

ケイは涙を流し部屋を出て一人になるが他の4人はケイを追っかけ、ケイのことが嫌いなのではなく、ケンカとか言い合いになってしまうことを恐れていたと伝える。

 

このことをキッカケにFlickerチームの絆が深まった様子。




相性テスト開始

そして遂にテスト当日。

 

まずはFlickerチームからステージに上がる。

 

Flickerチームのパフォーマンスは「アベンジャーズ」のようだったと絶賛するプロデューサー陣。

 

特にジョンウォンの成長ぶりを絶賛する。

 

続いてDiveチームのステージ。

 

Diveチームはしっかり挨拶まで考えでおり、一人一人を視聴者に印象付けるのに成功する。

 

ステージ後、タキとダニエルはやはり実力が足りないとの評価。

 

ジェイとニキはすごく良かったと評価される。

 

Diveチームはグローバル投票を意識しすぎて、チームではなく個人に集中していた印象。

 

そして得票数2倍の特典を受ける1位のメンバーがプロデューサー陣のステージ評価によって選ばれる。

 

今回の1位に選ばれたのはジェイク。

 

そしてグローバル投票11位になるのは誰なのだろうか?

 

投票期限は8/29の24時まで!



9話感想

ジェイクが得票数2倍の得点を受けることが決まった時点ででほぼジェイクの抜けは無くなったといってもいいだろう。

 

そして今回印象深かったジェイも生き残りが濃厚。

 

やはり実力的にタキとダニエルのどちらかだろうか?

 

結局チームの絆は深まったが、ケイは言い方がキツイところを露呈されたのでもしかすると落ちることもあり得るかも…。

 

 

ABOUT ME
せんだい(せんばだいすけ)
ドラマ、バラエティ中心に芸能情報を発信しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。