気になるニュース

ホリエモン新党設立の理由を考察 N国立花氏の作戦とは?

2020年5月25日、政治団体「ホリエモン新党」が設立されたことがTwitter上で発表された。

 

もちろん代表はホリエモンこと堀江貴文氏!!…ではなく、なんと「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首。

 

  • なぜ名称が「ホリエモン新党」なのか?ホリエモンは関係あるの?
  • 立花氏が2つ目の政党を設立した理由とは?
  • ホリエモンの本「東京改造計画」に関係あるのか?

 

こういった疑問への回答と、立花氏の設立意図を独自に考えてみました。

 

なぜ「ホリエモン新党」?ホリエモンは関係ある?

結論から言いますと、ホリエモンこと堀江貴文さんは、この政党には一切かかわっていないということです。

 

党首は立花孝志氏であり、堀江さんは党員でも何でもないと本人が明言されています。

以上のツイート、「東京改造計画」という本もこの「ホリエモン新党」には関係ないとハッキリ言っています。

 

「東京改造計画」が出版されるとなった時には「ホリエモン、都知事選に出馬か!?」とのニュースが流れました。

 

なので今日「ホリエモン新党設立」とのニュースが流れた際、私はてっきり「遂にホリエモンが都知事選に出る決意をしたか…。これで面白くなるぞ。」と胸が躍りましたが、調べていくうちにそうではないことがわかり、正直落胆してしまいました。




N国立花氏とホリエモンの関係は?

この2人、YouTubeで過去共演したことがあり、堀江さんも立花氏を「非常に頭がいい」と評していました。

 

【2人の対談動画】

そのあともホリエモン万博で都知事選についての対談を行ったりしています。

 

立花孝志氏の狙いとは?

「ホリエモン新党」の名称は、堀江さんを引っ張り出すためのものではなく、小池百合子都知事の再選を阻むための選挙戦略の一環と見て間違いないと思います。

 

4月10日に行われた記者会見で、東京都知事がN国が提案する新型コロナ対策を受け入れなければ、今年夏に予定されている都知事選でN国から小池百合子氏(同姓同名の別人)を擁立し、現東京都知事小池百合子氏の票数を減らす作戦に出る、と立花氏は表明していました。

 

同姓同名の候補者を擁立することで、どちらを支持するか分からない票が少なからず生まれます。

それらの票は向こうにはならず得票の割合に応じて配分されるので、それにより小池百合子東京都知事への票が多少なりとも減るであろうという作戦です。

 

ちなみにN国の提案した案は現在の所受け入れられておらず、このままいけばこの言葉通りに同姓同名の小池百合子さんをN国から擁立することになりそうです。

 

ちなみにN国の新型コロナ対策の提案内容は以下のようなものでした。

  • 都内の電車を止め、通勤客はタクシー利用。その助成金を出す。
  • 都民1人あたりに50万円給付
  • 東京五輪の中止

 

今回ホリエモン新党結成でどういう選挙効果が出るかというと、

 

堀江貴文もしくはホリエモンと投票用紙に書く人が少なからず出て来る⇒堀江さんは選挙に出ていないので投票が当然無効になる。

 

という形で、少しでも小池都知事の得票数を減らすのが狙いなのだと思います。

 



ホリエモン新党まとめ

  • ホリエモン新党には堀江貴文氏は一切関係ない
  • ホリエモン新党の党首はN国党首の立花孝志氏
  • おそらく都知事選への選挙戦略の一環としてホリエモン新党を設立。狙いは小池百合子都知事の得票数の減少。

 

立花氏の行動には批判も少なからずあるようですが、選挙ルールには抵触しておらず、とくに問題はないと個人的には思います。

 

ただ立花氏の作戦は選挙戦略、というよりは選挙ハックというべきなのかなと感じます。

 

「そういった作戦もあるのか」と少し驚きを感じつつ、それを実行する大胆さは見事だというしかありません。

 

果たして7月に予定されている都知事選はどうなるのか?

 

しっかり見届けたいと思います。

 

 

ABOUT ME
せんだい(せんばだいすけ)
ドラマ、バラエティ中心に芸能情報を発信しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。