ドラマ

ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか~」最終回までネタバレ解説

ギルティ ネタバレ

ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」を結末までネタバレ

 

悶絶する人続出中のドロキュンサスペンス「ギルティ~この恋は罪ですか?~」の全話のネタバレ感想をお届けします。

 

ギルティはHuluで配信中です。

番外編「罪のトビラ」も7/10から配信開始されています!

⇒2週間の無料トライアルで「ギルティ」を見る

 

【原作マンガを試し読み】

⇒まんが王国でギルティを試し読み

「ギルティ」で検索してくださいね(*^^*)

 

ちなみにギルティの原作マンガを無料・最安で読む方法が以下のブログで紹介されていたのでご参考までに。

⇒ギルティ~この恋は罪ですか?~原作マンガを無料で読む方法(マンガログ)

 

3話ネタバレ

ショックを受け、弱る爽

夫と親友の瑠衣の浮気現場を見つけたことで大きなショックを受けた爽は会社でもうわの空。

 

体調不良ということで早退し、親友の若菜の家に行き、夫の浮気の件を相談する爽。

 

若菜は冗談交じりに爽も浮気しちゃえばと言うが、爽は本気で怒り出し、若菜は冗談だからと何とかなだめる。

 

若菜の家からの帰り道、チートンのマスターと爽の会社のバイトの寺嶋が揉めてるところに爽は通りかかる。

 

爽の様子が気になり、お見舞いを持って来たという寺嶋。

 

寺嶋と爽はチートンに入り、チートンのマスターから爽のストーカーではないかと疑われた寺嶋はなぜ出版社でバイトしているのかの理由を説明する。

 

寺嶋は高校時代失恋して辛いときに、爽の書いた小さなコラムに救われたことがあり、爽に憧れて出版社のバイトに来ていたのだ。

 

自分の仕事が誰かの役に立っていたことを知り、少し元気を取り戻す爽。




瑠衣との修羅場

チートンからの帰り、偶然瑠衣と遭遇する爽。

 

何も知らず声を掛けてきた瑠衣に、爽の怒りが爆発する。

 

「ホントにバカだ。

こんなのに騙されて。瑠衣ちゃ~んなんて良い気になって

そうやってかわいい声出して近寄ったんだ。私にも、旦那にも。」

 

戸惑う瑠衣に容赦ない言葉を投げかける爽

 

「言っとくけど私旦那と別れる気無いから。二度とこの辺うろつかないで。」

 

と言い残し、去っていく爽に瑠衣はうつむき泣いているかのような仕草を見せる。

 

「泣いても無駄。あんたの顔なんてもう見たくない。」

 

と爽が言った瞬間、

 

「ッハハハハハハハハハハハハハハ!」

 

と笑い出す瑠衣。

 

「さやかさーん。そんなんだから旦那さんが外に女作るんですよ。

何も言わず一発で相手を突っぱねるか。

なるほどねー、すっごい爽さんらしいです。」

 

と瑠衣は悪びれる様子もなく、爽に対抗する。

 

そして爽のような自信家の女が一番嫌いだと言う瑠衣。

 

「自分がどういう立場か分かってる?」

 

と爽は半ギレ気味に返すが瑠衣は気にする様子もなく、

 

「わかってますよ。

浮気相手?愛人?私にとってそんなんどうだっていいんですよ。

欲しい物は欲しい。ただそれだけ。

言ったじゃないですか?

私、食べかけとか気にしないって。

 

と平然と言い放ち、爽が元カレの秋山と再会し、心揺れていたことを持ち出して、

 

「教えてくださいよ、爽さん。心の浮気と、カラダの浮気。どっちが罪なんですか?」

 

アタマに来た爽はある言葉を放ってその場を去る。



再び出会う秋山と爽

瑠衣との修羅場の後、夫の一真の待つマンションではなく、実家に帰る爽。

 

実家とはいっても母親は精神病院に入院しており、いるのは爽一人だけだ。

 

その時秋山から突如電話が入る。

 

秋山の店を撮影したときの雑誌が届いてないので届けに来いと居酒屋に呼び出される爽。

 

爽はそのまま秋山と軽く飲み、その帰り道、秋山と話し込む。

 

母親のようにはなりたくなかったと秋山に愚痴をこぼす。

 

しかし今日、母親がかつて父親の浮気相手に言ったのと同じ言葉を、爽は瑠衣に言ってしまった。

 

グチをこぼしながら涙を流す爽に、そっちの方がお前らしいと言って秋山はハンカチを差し出す。

 

秋山に勇気づけられた爽は夫の一真と向き合おうと決心する。




一真に別れ話を切り出す瑠衣

一方瑠衣の部屋に爽に浮気がバレたとは知らない一真が訪れ、別れ話を切り出される。

 

瑠衣のことが大事だと、別れたくないと未練タラタラの一真に、

 

「大事な人は普通一人じゃないかな?」と言う瑠衣。

 

そして最後に忘れられないようなセックスをしてくれと瑠衣は一真にせがみ、それを受け入れ一真は瑠衣を抱く。

 

夫との修羅場

秋山と別れ、家に帰り着いた爽を一真が迎える。

 

一真に浮気しているよねとストレートに問い詰めるが、一真は否定。

 

さやかは瑠衣の写真を見せ、瑠衣は自分の友達だと言うが、一真はシラを切り続ける。

 

問い詰めても何も言わない一真。

 

一真が認めれば、爽は瑠衣を悪者にして一真を許すつもりだったが、一真は徹底して浮気を認めない。

 

「証拠もないのにそんなこと言うなんてどうかしている」

と言った一真に、爽が遂にブチギレ

 

一真にワインをぶちまけ、自分の眼で見たのが何よりの証拠だと言い放つ。

 

そして瑠衣は爽の旦那だと知って一真にわざと近づいたことを告げる。

 

その事実にショックを受ける一真。

 

爽は容赦なく、

「瑠衣に裏切られていたことに傷ついてるの?それともアタシに浮気がバレたことに?ねぇ、どっち??」

と一真を追い込んでいく。

 

一真は「もう終わったことだから。」と一言漏らし、浮気をしたのは子供を欲しがっている爽の顔を見るのがツライ時期があったからと言い訳する。

 

この期に及んで浮気の原因を爽のせいにする一真に、

 

「バレたくないなら墓場まで持ってくつもりでやんなさいよ!!」

 

と激昂して一真を責める爽。

 

爽はかつて浮気をする父を責める母のようにはなりたくないと心に思っていたが、その母と同じことをしている自分に気付き、自己嫌悪に陥る。



爽を待ち伏せる瑠衣

翌日、ほとんど寝ずに会社に出かける爽。

 

マンションの外には、瑠衣が爽を待ち伏せしていた。

 

話すことはないと無視する爽に、瑠衣は一真についての衝撃的な事実を告げる。

 

「あの人、子供いますよ。」

 

しかもこのことは親友の若菜も知っていた様子。

果たして爽と一真はどうなるのか?

4話

若菜の告白

瑠衣から一真に子供がいる事を告げられ動揺する爽。

 

会社で一真と瑠衣の浮気シーンを想像してしまい、気分が悪くなって、トイレに駆け込むがその時親友の若菜からメッセージが入る。

 

若菜と話し、瑠衣の言葉は自分を動揺させるためのウソだと思うと話す爽。

 

しかし若菜から帰って来た言葉は想定外のものだった。

 

「ごめん、一真さん子供いる…」

 

若菜は爽の結婚式の時に偶然このことを知ったが、爽の幸せそうな顔をみていると言い出せなかったと謝罪する。

 

「さすがにこれは言って欲しかったわ…」

 

爽は親友までもが自分に嘘をついていたことにショックを受け、公園を後にする。

 

そしてマンションに帰った爽は、一真に書置きを残し、実家へ帰る。




一真の回想

「カズ君へ」

そう書かれた書置きを見つけた一真は、「自分を”カズ君”と呼ぶ人間はこの世界で2人しかいない…」と過去を思い出し始める。

 

爽以外に自分をカズ君と呼ぶのは一真の母親であった。

 

高圧的な父親の言いなりになっている母親。

 

そんな母親も父親も、一真は大嫌いなのであった。

 

父親の支配から逃れるため、父の会社の親会社に入社。

 

やっと親の支配から逃れられたと思った一真だが、両親から見合いを薦められる。

 

断ろうとするが、両親が薦めてきたのは一真の会社の上司の娘であり、断ることが出来ない。

 

結局結婚したが、母と同じように自分の言うことを反抗せずに聞き続ける嫁を好きになれず、浮気を重ねる。

 

そんな状況が嫌になり、子供も嫁も両親も全てを捨てて、やり直した一真。

 

数年後爽と出会い、「カズ君」と呼ばれることを許容できるようになったが、どうしてもあの父親の遺伝子を残すことに抵抗を感じ、どうしてもこれ以上子供を作りたくない一真。

 

だが子供を欲しがる爽に重さを感じ始め、子どもなんかいらないし、離婚もしなくていいという瑠衣に逃げたのだ。

 

爽と秋山、そして瑠衣と一真

母親の病院へ向かう爽。

 

カーディガンをプレゼントしてもらい喜ぶ母親だが、父親のことでスイッチが入り、暴れ出してしまう。

 

病院関係者が対応してくれて事なきを得るが、爽は疲労困憊。

 

 

その頃は一真は瑠衣の部屋を訪れ、瑠衣になぜ爽と知り合いだったのを黙っていたのかと責め、爽が家から出て行ったことを告げる一真。

 

瑠衣は爽と知り合いだと話せばもう会ってくれなくなると思ったからだと言い、泣きながら謝罪する。

 

一真は黙って瑠衣の部屋から出て行くが、その後瑠衣は誰かとLINEでやり取りを行う。

 

瑠衣「会社に居場所がなくなるぐらい追い込んで」

?「了解」

 

どうやら爽の近くに瑠衣と通じた人間がいるようだ。



トラブルに囲まれる爽

翌日会社で、編集長から原稿の入稿を催促される爽だが、パソコン内の原稿データもバックアップ用のUSBも無くなっており、編集部は大騒ぎ。

後輩の結のおかげでなんとか雑誌に穴をあけずに済んだが、メンタルがズタボロ状態の爽。

 

そんな時に元彼の秋山から連絡が入り、傷付いていた爽は秋山を飲みに誘う。

 

秋山と飲んでいる際中、母親の入院する病院から爽の携帯に連絡が入る。

 

母親が自殺未遂を起こしたと。

 

秋山と一緒に病院へ向かう爽。

 

先日爽がプレゼントしたカーディガンで首を吊ろうとしたのだと医者から聞かされる。

 

病院の後、爽は秋山に今までの経過をぶちまける。

 

旦那が自分の友達と不倫、おまけに旦那は以前結婚していて子供がいる事を隠していたこと、仕事のミス、そして母親の自殺未遂。

 

全てに疲れたという爽は自暴自棄になり、スマホを公園の池に投げ捨てる。

 

秋山は爽のスマホを拾いあげ、爽をそっと抱き寄せこう言う。

 

「俺だけ見てろ、とはもう言えねえけどな」

 

爽は秋山の厚意に甘えるが、お互い結婚しているので、手を秋山の背中に回すようなことはしなかった。

 

爽は秋山と別れ家に帰るが、突如吐き気に襲われ、トイレに駆け込む。

 

突然の吐き気になぜだろうといぶかしむ爽。

 

そして爽はお腹を押さえ、妊娠を匂わせるシーンで4話は終わる。

 

追記※ラストで爽の原稿を破棄したのは、後輩の唯であることが発覚します!




5話ネタバレ

一真と瑠衣の関係は終わらない

ホテル暮らしの一真のもとに瑠衣が訪ねてくる。

 

爽が家を出たことで自暴自棄になっている一真は瑠衣をムリヤリベッドに押し倒すが、瑠衣は一真に抱かれることを拒否する。

 

その後、瑠衣に自分のどこが好きなのかと聞く一真。

 

「アタシの前では奥さんのこと名前で呼ばないところ💗」

 

瑠衣はそう答え、同じ質問を一真に尋ねる。

 

「『俺みたいな男の子供を産むなんて死んでもお断り』って言ったところ」

 

そんな一真を「歪んでいる」と笑う瑠衣。

 

そして自分の歪みを認める一真。

 

瑠衣が酒を控えてることから、瑠衣の妊娠を疑う一真だが、自分は子供を産めないカラダだと打ち明ける瑠衣。

 

そんな瑠衣を一真は優しく抱き締める。

 

美和子との出会い、そして秋山との7年前の約束

爽は秋山の妻の美和子と偶然カフェで出会う。

 

2人はたわいない話をするが、秋山の話になると何か気まずい空気が漂う。

 

美和子は秋山から連絡がきたと言ってカフェを後にする。

 

爽は美和子には秋山と高校卒業以来会っていないと言ったが、実は7年前に一度だけ秋山と偶然再会していた。

 

そしてその時2人はある約束をしていたのであった…。

 

 

その後実家に帰った爽は、妊娠検査薬を使うが結果は「陰性」。

 

「良かった」と胸をなでおろす爽だが、あれだけ子供を欲しがっていたのに今は一真の子供を妊娠していないことにほっとしている自分に驚く。

 

その翌日、爽が出社するとなんと秋山がエントランスに。

 

思わず隠れる爽。

 

物陰に隠れながら、母が自殺未遂した日に秋山がいてくれて助かったとラインを送る。

 

そして「2人で会うのはもうやめよう、7年前の約束守れなくてごめん」と爽から送られたメッセージを見て、秋山はエントランスを後にする。

 

 

 

この後、瑠衣が誰かに連絡し「例のモノを送っておいた」と電話口で話すシーンが流れ、直後爽の後輩の結に荷物が届く。



一真に離婚を突きつける爽

その夜、一真とレストランで話し合いをしに現れた爽。

 

さっそく離婚届を出して一真に離婚を迫る。

 

そして一真に子供がいる事をなぜ隠していたのかと切り出す

 

一真は「前の結婚を隠してたことは謝る」と言うが、爽はそれに驚く。

 

爽は一真にはよそに隠し子がいるのだろうと思っており、一真に離婚歴があることは知らなかったのだ。

 

自ら墓穴を掘ることになった一真だが、どうしても爽と一緒になりたかったから全て隠していたのだと許しを請う。

 

爽は昨夜検査をして妊娠してなくてほっとしたことを話し、

「今のカズ君の子供なんていらない」

と言い放つ。

 

そして一真と瑠衣の関係を詳しく聞き、一真は

「瑠衣は会うたびに違う顔を見せてきて。今も掴み切れなくて…。」

と言う。

 

「今も」という言葉で、瑠衣との関係がまだ続いていることを悟った爽は、煮えくり返る気持ちを抑えるため自分の掌をフォークで刺して冷静さを保ち、離婚届を残して一真の前から立ち去る。




新たな罠にかかる爽

翌日会社の飲み会でヤケ酒を飲む爽。

 

結局潰れてしまい、バイトの寺嶋にビジネスホテルに送られる。

 

寺嶋は迷いながらも酔い潰れた爽にキスをしてしまう。

 

翌日、爽が目を覚ますと、下着姿でホテルのベッドで寝ている自分の状況がわからず困惑してしまう。

 

爽はあわてて出社するが、編集部の壁に爽と寺嶋がホテルのベッドで写った写真が貼り付けられていた。

 

編集長に呼び出される爽。

 

その陰で後輩の結が「うまくやったよ」と誰かにメッセージを送る。

 

なんと結がメッセージを送ったのは寺嶋であった。

 

憔悴する爽、不敵に笑う瑠衣

自分の支えであった仕事も当面できなくなり、公園のベンチたたずむ爽。

 

その時、不倫騒動で会社を辞めた優希から連絡が入る。

 

優希は不倫騒動の際に爽を疑ったことを謝罪し、自分と爽をハメた犯人が同じだとしたら、犯人は相当の恨みを爽に持っているのではと言う。

 

その矢先、爽のスマホに瑠衣からラインが入る。

 

「そんなところでいじけてないで、誰かに泣きついたらいいのに。」

 

回りを見渡す爽。

 

遠くに瑠衣がスマホを持ってコチラを見つめていた。

 

瑠衣は爽の昨日の下着写真を送ってきて、犯人は自分であるとアピールしてくる。

 

 

そして結と寺嶋が一緒に過ごしているシーンが流れ、寺嶋と結は裏で繋がっていることが説明される。

 

今回の件が誰の仕業か知りたがろうとする結に、詮索はするなと言う寺嶋。

 

そしてまだ何も始まっていないと意味深な言葉を放ち、寺嶋は結を抱く。

 

 

実家に帰った爽はお風呂に入りながら思い出す。

 

秋山との7年前の約束を。

 

「必ず幸せになるって約束してくれ」

 

その約束は果たせなかったと呟き、爽が湯船に沈んでいく所で第5話は終わる。



6話ネタバレ

原作マンガ19~21話

美和子が爽を救う。そして爽の母の前に現れる瑠衣。

浴槽に沈んでいった爽。

 

その時親友の若菜が現れ、爽を浴槽からすくい上げる。

 

何度電話してもでなかったので、心配になって駆け付けたとのこと。

 

その頃、爽の母の病室に白衣を着た瑠衣が現れ、誰と問う爽の母に「爽だよ、お母さん」と不敵な笑みを浮かべて返事をする。

 

瑠衣の正体を探る爽。本名は「秋山瑠衣」⁉

翌日爽は一真に電話し、瑠衣といつ知り合ったかを尋ねる

 

半年前ぐらいの雨の日に出会ったという一真。

 

爽は1年前に行きつけのバーで瑠衣と知り合っており、瑠衣の狙いが一真ではなく自分ではあるということに気付く。

 

瑠衣とは1年飲み友達であったが、知っている情報はほとんどなく、まずは情報収集を始める爽。

 

そして瑠衣の部屋で見た塗りつぶされた卒業アルバムを思い出し、その高校を訪ねることにする。

 

雑誌の撮影と嘘をつき高校に入る爽と美和子。

 

瑠衣は25歳のはずなので、7年前の卒業アルバムを開く。

 

そこに書かれていた名前を見て驚愕する爽。

 

「秋山瑠衣」

 

13年前に秋山の家で一度だけ見かけた女の子。

 

それが幼い時の瑠衣だったのだ。




秋山と再会する瑠衣。

その頃秋山の店に瑠衣が現れ、「久しぶり、お兄ちゃん」と再会したことを喜ぶ。

 

秋山はどこにも行けないからここに来たんだろと瑠衣を気遣い、何があったかを聞き出す。

 

瑠衣は、実は妻子ある人と不倫をしてしまったことを告げる。

 

瑠衣と寺嶋の関係

瑠衣の家を尋ねる一真。

 

だが瑠衣は居留守を使う。

 

その時家の中には瑠衣の他に、爽の編集部でバイトをしていた寺嶋睦月がいた。

 

睦月と瑠衣で爽を今の状態に追い込んだのだ。

 

そして爽と秋山の再会も瑠衣の仕組んだものだった。

 

なぜわざわざ秋山と爽を再会させたのかと問う睦月に

 

「一度持ち上げてから落とした方がショック大きいでしょ」

 

と笑う瑠衣。

 

そして爽が瑠衣より先に、秋山に瑠衣と旦那が不倫したとばらしたらどうするのかと問う睦月に

 

「あたしとお兄ちゃんには特別な絆があるから大丈夫」と自信ありげに答える。

 

それもそのはず。先手を打ち秋山には不倫相手が爽の旦那であることを告げていたのだ。

 

最後に睦月は、もう爽は結婚も仕事も奪われ、潰れたも同然なのになぜまだ彼女を追い込み続けるのかと聞く。

 

瑠衣は冷たい表情でこう答える。

 

「爽が瑠衣の人生を踏みつぶしておきながら、今ものうのうと生きているのが許せない」のだと。



秋山を問い詰める爽

翌日爽は秋山にどうしても聞きたいことがあるから会いたいとラインを送るが、秋山は応じない。

 

業を煮やした爽は「秋山瑠衣って誰?」と核心を突いた質問を送るが返事は返ってこない。

 

その日の夕方、爽は秋山の店を訪ねる。

 

秋山は瑠衣が爽の旦那と不倫したことを既に知っており、爽に詫びた上で瑠衣をそっとして欲しいと申し出る。

 

そして瑠衣は自分の義理の妹だと爽に打ち明ける。

 

秋山の父と瑠衣の母が再婚し、兄妹になったのだと。

 

どうして瑠衣をかばうのかと聞く爽に、秋山は「帰ってくれ」と言い放つ。

 

爽は美和子にグチの電話を掛けるが、このまま引き下がることはしないと決意する。

 

瑠衣の容姿周到な計画が明らかになる。

優希と会い、瑠衣の写真を見せる爽。

 

優希は爽の結婚の2年後、会社のロビーで瑠衣と会ったことがあり、一真に子供がいる事を爽には言わないでと瑠衣が涙ながらに頼んできたことを思い出す。

 

その理由は、自分の口で爽にそのことを告げて、自分の手で爽を地獄に堕としたいためであった。

 

そのころ秋山の妻・美和子に瑠衣から電話がかかって来る。

 

秋山は美和子の事を愛しているわけではないので、爽に秋山を取られないように頑張ってと意地悪く笑う瑠衣。

 

電話を切り、美和子に3年前の記憶が甦って来る。

 

3年前、美和子は秋山と結婚し、自分たちの店をオープンする準備をしていた。

 

瑠衣は美和子の前に現れ、結婚のお祝いを言う。

 

美和子は瑠衣に相談に乗ってもらったおかげだと言い、店にも是非遊びに来てくれと言うと、瑠衣の顔が一変する。

 

瑠衣は美和子に近づき、こうつぶやく。

 

「お兄ちゃんは、私だけのお兄ちゃんだから」

 

ある人と秋山を結婚させないために、美和子と秋山を結婚するように仕向けたのだと。

 

もしこのことを秋山に話したら、美和子の秘密を秋山にばらすと脅しをかけ瑠衣は美和子の前から去っていった。




一真との話し合い。そして寺嶋の正体が明らかになる…。

一真と話し合いをする爽。

 

瑠衣は自分の元彼の妹で、自分を追い込むために一真と不倫関係になったのだと。

 

まだ元彼の事が好きなのかと聞く一真。

 

自分は2番目で心の支えは元彼だったのではと。

 

そして爽は確かに秋山は心の支えであったが、秋山とは肉体関係が無かったこと、一真と出会うまで自分は処女で会ったこと、一真と一生添い遂げる心積もりであったことを話す。

 

そんな爽に一真は「すまなかった」と頭を下げる。

 

そして爽は他に心当たりはないかと一真に尋ねる。

 

爽を嵌めたバイトの寺嶋睦月という名前に反応する一真。

 

一真は睦月の写真はないかと尋ね、爽のスマホの写真を見て凍り付く。

 

10年前、一真が捨てた妻の弟。

 

それが寺嶋睦月の正体であった。

 

そして睦月の目的は自分への復讐ではないかと爽に話す。

 

その時一真の携帯に電話が入る。

 

「久しぶり、お兄さん。俺のこと覚えてる?」

 

睦月は不敵に笑いながら、一真に語り掛けるのであった。



7話ネタバレ

原作マンガ22話~25話まで

一真と睦月の確執

一真はいまさら自分に何の用だと尋ねるが、寺嶋は用件は会ってから話す、そして一真が捨てた姉も一真に会いたがってると告げ電話を切る。

 

止める爽を振り切り、一真は呼び出された場所へと向かう。

 

寺嶋が一真を呼び出したのは教会。

 

そこは前妻の弥生との結婚式を挙げた場所だった。

 

一真は元妻の弥生はどこにいると聞くが、寺嶋は姉は自殺したと告げる。

 

一真が出て行った後、絶望した弥生は息子の駿を残し、ビルから飛び降りたのだと。

 

そして駿は母親の死にショックを受け、不登校になり今は施設で過ごしていると知る。

 

そのことに衝撃を受ける一真。

 

寺嶋は一真の過去の悪行を週刊誌にさらけ出すので社会的な死が待っていると告げ、その前に実際に肉体的な死を与えようかと言いナイフを取り出す。

 

そこに爽が現れ、寺嶋は弥生の一真への想いを秘めた手紙を爽に渡し、朗読するよう言う。

 

それが終わった後、寺嶋は姉と駿の人生を返せと叫びながら一真に襲い掛かる。

 

一真をかばった爽の顔に傷がつき、自分はどうなってもいいが爽に罪は無いからもうこれ以上傷つけるなと一真は言う。

 

寺嶋は望み通りにしてやると一真に向かってナイフを向けるが、爽の言葉に踏みとどまり、記事は出すと言い残し、教会を後にする。




爽と一真の別れ

寺嶋が去った後、一真は過去の自分の行いを悔い、爽に迷惑をかけたことを謝る。

 

そして一真は「爽を愛してる、だから離婚しよう」と告げ、2人は別れる。

 

瑠衣の正体

そのころ瑠衣から秋山に電話が入り、爽に何かあったのではと思った秋山は店の準備をほっぽり出して爽の実家に駆けつける。

 

そこで爽の顔の傷の手当てをし、瑠衣の正体を語る。

 

瑠衣は秋山の父の再婚相手の連れ子で、母親から虐待を受けていた。

 

そのことに気付いた秋山の父は瑠衣を引き取った上で瑠衣の母親を追い出し、秋山の家で一緒に生活していたのだと。

 

秋山は瑠衣の事は自分が何とかするから何も心配するなと言い、爽の実家から店に戻る。

 

秋山は瑠衣のマンションに訪れ、瑠衣は無邪気に喜ぶ。

 

そんな瑠衣にこれ以上爽に何かしたら許さないと言い、瑠衣はもうこれ以上爽には近づかないと約束する。

 

爽の反撃開始!?

瑠衣は爽の母親にも手を伸ばしており、自殺未遂も瑠衣の仕業であった。

 

そして再び瑠衣は爽の母親の病室に赴くが、爽の母親の姿はそこにはなかった。

 

寺嶋と組んでいた後輩の結から、寺島が瑠衣と母親の管理がどうのと話していたとの情報を得た爽が母親を転院させていたのだ。

 

そして爽は瑠衣にメッセージを送る。

 

「潰せるもんなら潰してみたら?」

 

(第8話に続く)



8話ネタバレ

原作マンガ29話~32話

すべてを知った秋山の行動

爽は仕事に復帰し、ゴシップ週刊誌に異動になる。

 

そのころ瑠衣は秋山の妻美和子にあることないことを吹き込む。

 

そして秋山の妻美和子が爽の会社に押しかけ、爽が自分の夫に手を出していると騒ぐ。

 

爽は美和子に会社では迷惑だから別の場所で話そうと言う。

 

それでも騒ぎ続ける美和子は警備員に連れて行かれる。

 

その頃若菜が秋山の店に訪れ、秋山は瑠衣が爽の母親にまで手を出そうとしていたことを知る。

 

秋山は瑠衣を呼び出すが、瑠衣はとぼけてごまかそうとする。

 

秋山は憤慨し、7年前瑠衣が「自分一人で幸せになる」と秋山と約束したのに、いったい何が瑠衣を変えたのかと問う。

 

瑠衣は理由を知りたいかと言い、秋山をあるホテルに連れ込む。

 

そこで秋山と瑠衣の出会い、そして瑠衣が秋山を好きになった理由が語られる

 

そしてイタリアに旅立つ前、秋山はもう二度と爽と会うことはないと言ったのに、その直後に爽と今いるホテルに入ったのを瑠衣は目撃していた。

 

「あの日2人でこのホテルで何をしてたの!?」と激しく問う瑠衣。

 

秋山は瑠衣にそのことを話す必要はない、これ以上爽に関わるなと言い残しホテルを出て行く。

 

1人残された瑠衣はベッドの上でこう呟く…。

 

「それは出来ないな…」




7年前の出来事

7年前、秋山がイタリアに旅立つ前再会した爽と秋山。

 

夜の公園で2人はこれまで何があったかを語る。

 

そして高校時代に別れた本当の理由が爽の母親にある事を秋山は気付いていた。

 

そしてずっとそのことを後悔していて、こんな風に会えるとは思っていなかったと。

 

それを聞いて爽はつぶやく。

 

「会いたくなかった…」

 

「俺もだ…」

 

秋山はそう言いながら爽の頬に触れ、キスをする。

 

二人はホテルに入り、ベッドになだれ込む。

 

しかし、お互いを本当に大切に思うあまりセックスはせず、抱き合いながら一晩を眠って過ごす。

 

そして秋山の出発当日、爽に秋山から電話が入る。

 

秋山はホテルでの一件を謝り、爽に自分と一つだけ約束してくれと言う。

 

絶対幸せになると。

 

そして秋山は電話を切り、2人は7年間会うことはなかった。

 

爽と秋山の会話

秋山は店に戻ってきた美和子と話をし、瑠衣のしたことをすべて聞く。

 

瑠衣のアドバイスで美和子は秋山に妊娠したと嘘をつき結婚してもらい、頃合いを見て流産したということにしたと。

 

そのことを謝る美和子。

 

秋山は別に妊娠したことがキッカケではなく、いつも笑顔で一生懸命な美和子と結婚するつもりであったことを告げ、ただ美和子と生きていくと決めたはずなのにずっと胸の中に忘れられない人がいたと打ち明ける。

 

それを聞いた美和子は離婚を自分から持ち掛ける。

 

「自分をちゃんと見てくれない人なんてこっちからお断りです」と強がりながら。

 

そして秋山は爽がいる公園に赴き、爽に謝る。

 

瑠衣が変わったのは自分が逃げたせいだと。

 

父親が病気で死んだ時に瑠衣の面倒を見ると約束したが、瑠衣は自分だけを見てくれなきゃ死ぬと言い始め、秋山の精神は限界に来ていた。

 

そこでイタリアでの料理修行を口実に瑠衣から逃げたのだと。

 

涙を流しながら謝る秋山を優しく抱きしめ、秋山を守りたいと心の中で思う。



美和子と瑠衣、そして一真

離婚届を残して店から出て行く美和子。

 

しかしその先で瑠衣が美和子を待ち伏せしており、もっとかき回してくれなきゃ困ると美和子に言う。

 

美和子は瑠衣に「可哀想な人…」と言い残し、その場を去る。

 

「役立たずが…」

 

そう言いながらカッターナイフを取り出す瑠衣。

 

しかし、瑠衣の手を抑える別の手が。

 

「やめろ瑠衣」

 

瑠衣の手を抑えたのは、爽の元夫・一真であった。

感想・見どころ

ドロドロ感は原作マンガより強烈

瑠衣の中村ゆりかが強烈すぎて原作の瑠衣以上のキャラに瑠衣になっていますw

 

かわいいけど怖いし、このドラマをキッカケに大きく飛躍が期待されそうです。

 

ギルティはHuluで配信中

ギルティはHuluで配信中です。

 

初回登録の方は2週間の無料期間がありますので、これまでの話を無料で見ることが出来ます。

⇒2週間の無料トライアルで「ギルティ」を見る

ドラマギルティ8話の続き

「7話の続きがどうしても見たい!」と言う方は、原作マンガで読むことをオススメします。

 

8話は6巻途中までなので、単行本の6巻を購入するか、分冊版の33話からがドラマ第7話の続きになります。

 

ギルティを電子書籍で読むなら「まんが王国」がオススメです。

 

まんが王国ではギルティが先行配信されているので、他のサイトよりいち早く最新刊が読めます。

⇒まんが王国でギルティを試し読み

「ギルティ」で検索してくださいね(*^^*)

原作タイトルは「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」です。

 

ちなみにギルティの原作マンガを無料・最安で読む方法が以下のブログで紹介されていたのでご参考に。

⇒ギルティ~この恋は罪ですか?~原作マンガを無料で読む方法(マンガログ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
せんだい(せんばだいすけ)
ドラマ、バラエティ中心に芸能情報を発信しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。