【FGO】新サーヴァント「キラキラのアーチャー」の真名予想をまとめてみた。

キラキラのアーチャー 真名 予想 気になるニュース

Fate/Grand Order(FGO)の冬祭りリアルイベントが2/1に石川県の会場にて行われました。

その際に新サーヴァント「キラキラのアーチャー」の実装が発表され、バレンタイン2020で聖晶石召喚に登場するとのアナウンスが。

その真名が何であるのか熱い予想と議論が繰り広げられています。

この記事では現段階で予想されている真名とその理由をまとめています。

 

キラキラのアーチャー真名候補①石川五右衛門

江戸時代に活躍したご存じ天下の大泥棒。

辞世の句と言われる「浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ」は有名。

 

【理由】

①発表会場が石川県で「石川」繋がりなのでは。

②配色が歌舞伎役者っぽい。

 

③「アーチャー=投げる=銭を投げる」という連想から。

石川五右衛門が真名予想の本命と言われています。

 

キラキラのアーチャー真名候補②小野小町

世界三大美人に数えられる平安時代の女流歌人。

【理由】

今年の1月に楊貴妃が実装されたのは周知のとおり。

その流れで世界三大美人が実装されるのではとの予想から。

 

では来年の実装は残りのクレオパトラか…。

キラキラのアーチャー真名候補③清少納言

日本人なら誰でもご存じの平安時代の女流作家。

代表作は随筆『枕草子』。

【理由】

昨年のバレンタインに実装されたのが「紫式部」であったので、その流れから今年のバレンタイン実装も紫式部に近い人物ではないかという予想。

 

確かに清少納言は、紫式部に対抗意識を燃やしていたと言われるので、後追いで今年実装という理由であれば十分納得がいきます。

 

キラキラのアーチャー真名候補④初芽局

女忍者であり、石田三成の愛妾としても描かれる初芽局(はつめのつぼね)

架空の人物。

【理由】

生放送の出演者が「忍者っぽい」と発言していたことから、女忍者である彼女の名前が挙がった。

 

可能性としては知名度も無いので一番薄いと思われる。

キラキラのアーチャー真名候補⑤出雲阿国

安土桃山時代の女性芸能者。ややこ踊りを基に、かぶき踊りを創る。

歌舞伎の創始者とされる。

【理由】

①服装も、所持している傘も派手で歌舞伎っぽい。

②女性で歌舞伎といったら出雲阿国。

 

石川五右衛門と同じ「歌舞伎」という理由があり、そしてビジュアルが女性だということ。

予想では石川五右衛門の対抗馬として挙げられています。

 

キラキラのアーチャー真名予想まとめ

真名予想の本命は「石川五右衛門」

対抗馬は「出雲阿国」

その後は清少納言、小野小町、初芽局といった順番です。

 

真名予想は熱い議論がSNSでも繰り広げられています。

僕は「出雲阿国」ではないかと予想してますが、果たして…?

 

下のページでキラキラのアーチャーの真名予想の投票も行われているので、良ければ参加してみてくださいね(*^^*)

⇒Game With真名予想アンケート

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました