「東北カーフェスティバルin仙台」とは

東北カーフェスティバルin仙台は、2010年に「愛車をカスタマイズすることで得られる満足感」を広く提案する為、東北最大級カスタムカーの祭典としてスタート。

環境問題や燃料の高騰、若者の車離れ等で自動車業界への風当たりは年々悪くなっており、その昔は嗜好品とさえ思われた「愛車」の立場も危ぶまれております。
東北カーフェスティバル実行委員会としては、イベントを通じカスタマイズされた車の合法性や機能性、環境にも配慮したエコ製品やセイフティードライブをサポートしてくれる安全補助装置、震災時に活躍し注目されたキャンピングカーの利便性、現在も社会問題として取り上げられるカーセキュリティーの必要性、上質な音響空間を演出するカーオーディオ装着車の試聴体験等 ”自動車メーカー純正の状態”では得る事の出来ない、アフターマーケットの製品を装着した様々なカスタマイズカーを展示・体感していただき「アフターマーケット製品の優位性、愛車をカスタマイズする事で得られる満足感」を広く提案、訴求できればと考えております。

☆皆で造る!皆で楽しむ♪東北カーフェスティバルを宜しくお願い致します☆